医療法人社団祐光会理事長  林医師

抗原検査は、通常インフルエンザの検査でも用いられている方法で、ウイルスが持つ特有のタンパク質(抗原)を検出する検査方法です。短時間で結果が出ることや、特別な検査機器等を必要としないことから速やかな判断が可能となります。 インフルエンザ抗原検査と同じく、新型コロナウイルスの抗原検査でも、感染していることを感染初期に知ることで、自己隔離により新規感染を防ぎ、早期に適切な治療を受けることができると考えられます。 簡易抗原検査キットは、医療機関で受ける検査とは違い、診断に用いることは出来ませんが、プロレス、スポーツなどイベント開催を行う団体が、各選手の健康管理の目安として用いることで、感染リスクを減らし、活動継続に役立つものと考えております。

抗原とはウイルスのタンパク質の一部です。
抗原検査キットとは、新型コロナウイルスの抗原があるかどうかが簡単にわかる
研究用試薬の検査キットです。
新型コロナウイルス抗原検査は、唾液による検査になりますので痛みが苦手な方にもおすすめです。
自宅で簡単に15分程度で確認出来るため、新型コロナウイルス抗原の検査方法として注目されています。
検査に必要なものはすべてセットになっており、唾液で手軽に検査ができる検査キットですが、
臨床試験結果では下記のような正確さを表す結果が出ています。
※ 唾液検査の場合は、正診率は低下いたします。
より正確に検査をする場合には「喀痰」または「鼻腔ぬぐい液」での検査を推奨しています。

帰省や打ち合わせ、食事会の前など、大事な人と会う前に検査をすることが出来ます。
デメリットとしては、唾液検査はウイルス量は鼻咽頭拭い液よりも少ないため、
鼻咽頭拭い液を用いてPCR検査を行えば陽性と判定される人も、
唾液を用いれば陰性と判定されることがあり得ます。

受付時間:平日10時~18時

 

 

 

 

 

 

私たち選手は、試合やイベントなどで沢山の方に接触するため、今までも定期的に新型コロナウイルスの検査を行ってきました。しかし、検査の時間がかかることや、検査代が高いこと、検査方法が容易ではなかったことから、検査と検査の合間の空白期間をどのようにフォローするかが問題になっておりました。 今回、ダイコーホールディングスグループさんの抗原検査キットを使用し、「唾液で簡単に自分で検査ができる」こと、「15分程度の短時間で結果が確認」できること、「コストパフォーマンスが良い」ことなどで、今までより頻度の高い検査が出来るようになりました。 正式な診断は、医療機関等での検査が必要となりますが、感染予防のためには自主的な簡易検査も必要となっていくと思っております。 ファンの皆さまや仕事をする方々に安心していただくため、新型コロナウイルス感染予防の観点から、私たちは日々の体調管理はもちろんのこと、検査回数を多くすることで、安全な活動を継続して参りたいと思います。

 

抗体検査とは、過去に感染した痕跡を探す検査で、
感染初期なのか、感染してから時間が経過しているのか、などの現在の感染の状態や、
ウイルスの抗体を獲得しているのかを調べる検査です。
通常、抗体検査キットでは、「IgM抗体」、「IgG抗体」という2種類の抗体を一度に調べることができ、
IgM抗体は感染からおよそ 1週間、IgG抗体はおよそ2週間後に検出されるようになるため、
血液中に抗体が存在すれば判定が可能です。

 ☑ IgM陽性は、過去数週間以内の感染を示す。

☑ IgG陽性は、過去数年以内の感染を示す。

抗体検査は、今感染しているかどうかを調べる検査ではありません。
また、抗体があるからと言って、
今後新型コロナウイルスには罹らないという医学的な支持はまだありません。