抗原検査キットの選びのポイント!

1. 個装の有無

工場出荷時に個別包装されているかどうかがポイントとなります。
販売者で個装にしているものは、作業環境により衛生管理がなされていない場合もございます。
→弊社では、メーカーで個別包装をしているキットを取り扱っております。箱単位の包装の場合には、弊社でバラさず、メーカー出荷時の状態のまま販売しております。

 

2. 使用期限の確認

抗原検査キットは半年~2年間の使用期限が通常です。それぞれの使用期限は各メーカーにて独自に設定しております。
→価格を安く提供している販売者の中には、使用期限が短くなったものを販売しているところもございます。
 弊社では最短でも半年以上の使用期限がないものは販売いたしません。

3. 輸入元や証明書の明記、掲示の有無

現在、国内で流通している抗原検査キットは海外製が多くを占めております。
海外製の製品の場合、輸入元が自社でリスクを負って輸入し、販売する。 という形態となります。輸入元の表示がどこにもなく、不明な製品は、国内にあって、消費者に対応できる事業者が存在しないということになります。
→弊社の取扱い抗原検査キットは、全て弊社が正規販売輸入元となっております。
 製品についての専門問い合わせ窓口「お客様センター」の設置もしております。
臨床試験結果・証明書を明確に掲載していない製品は、注意が必要です。
エビデンスの掲示なく、「変異株対応」や「CEマーク取得」を謳うことは出来ません。
→弊社は、メーカーより証明書や許可書類の提出をうけ、掲示をしておりますので、いつでも消費者でエビデンスを確認していただけます。エビデンスの掲示が信頼の証と考えております。

 

個人情報を守りましょう

当社は、お客さまをはじめとする多数の個人情報を取り扱う事業者として、個人の人格と密接な関連を有する個人情報の重要性を十分に理解し、すべてのステークホルダーの信頼に応えるために、、適切な個人情報の取り扱いに関する取り組みを実行いたします。
個人情報は、ひとりひとりの大切な財産です。ネットショップの購入の際には、販売者がの「ISMS(Information Security Management System)」や「プライバシーマーク」認証取得の有無を目安としてください。
弊社は、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)の国際認証規格である「ISO/IEC27001:2013」及び「JIS Q 27001:2014」の認証を受けています。

販売する商品によって資格や届出が必要です

業として管理医療機器(特定保守管理医療機器以外のものに限る)を販売・授与・貸与するときは、あらかじめ、営業所ごとに保健所へ管理医療機器販売業・貸与業届を行う必要があります。
抗体検査キットの内容物には、自己採血用の「ランセット」という針が含まれますため、販売を行う場合には各都道府県に「管理医療機器販売業届出」が必要となります。
オンラインショップの場合には、届出をせず販売を行っているネット販売者には十分にご注意ください。
→ 弊社は「管理医療機器販売業届出」をし、厳重に管理し販売を行っております。

適切な情報開示がされていますか?

運営会社の情報は、非常に重要です。コーポレートサイトの有無、会社所在地や運営責任者などの情報開示がされているか、プライバシーポリシーや利用規約は適切に設置されているかをご確認ください。
またお客様相談センターの設置がされていない場合、製品についての問い合わせ窓口が不明瞭な場合がございます。
→ 弊社では、適切な情報開示に積極的に取り組んでおります。

弊社はお客様センターとして「フリーダイヤル:0120-900-823」を設置し、以下について真摯に取り組んでおります。

1. お客様からの問い合わせやお申し出に真摯に耳を傾け、丁寧かつ迅速に対応いたします。
2. お客様からいただいたご意見・ご要望は社内の関連部署に伝達・共有し、商品・サービスの改善または開発に活かしていきます。
3. 商品の不具合に関するお申し出については、製造工場および品質保証部門にすぐに連絡し、不具合の原因調査・再発防止対策の実施など、品質保証体制の改善に活かしていきます。