承認済み抗原検査キットの購入方法と注意点



『承認済み』の抗原検査キットは薬局で購入できる

『承認済み』の抗原検査キット(「体外診断用医薬品」)は、処方箋無しに薬局で誰でも購入できます。
ただし、キットは薬機法の薬局医薬品として取り扱われるため、購入に際は店頭で薬剤師による情報提供や薬学治験に基づく指導を受ける必要があります。

具体的には、抗原検査キットの選び方や使い方などの説明、検査結果が判明した後の対応方法などの説明を受けます。また、薬局によっては、陽性の場合に地域の新型コロナウイルス対応の医療機関や受診・相談センターの連絡先のリストなどをもらえることも。
他にも、上記の内容を理解していることを確認するために署名を求められることがあります。

関連記事はこちら (抗原検査キットを購入したい!「承認済み」「研究用」どう選ぶ? をリンク)

『承認済み』の抗原検査キット購入時の注意点

『承認済み』の抗原検査キットを購入する際、次の点に注意しましょう。


  • 薬局の営業時間、薬剤師がいる時にしか購入できない
  • 購入前に説明を受けなければならない

『承認済み』の抗原検査キットは、『研究用』の抗原検査キットのようにすぐに購入することはできません。
また、購入の時は薬剤師の説明を受けるので、時間の余裕がある時に購入しましょう。

他にも、『承認済み』の抗原検査キットは鼻腔ぬぐい液を使って行うものなので、小さいお子様や高齢者の方に使用する場合はどうすればいいかなど疑問点があればしっかり聞いておくことも重要です。

『承認済み』の抗原検査キットも100%ではない

これはどの検査キットにも言えますが、国が認めた抗原検査キットだからといって『承認済み』の抗原検査キットを過信しないようにしましょう。

抗原検査は、新型コロナウイルスに感染すると作られる特有のたんぱく質(抗原)を検出する検査方法です。
短時間で検査できる・手軽にできるなどメリットも多いのですが、PCR検査に比べて検出率が劣ります。

感染したばかりなどたんぱく質(抗原)の量が少ない場合、検出できずに「偽陰性」(感染しているのに陰性と出てしまう)となるケースも。
そのため、『承認済み』の抗原検査キットで「陰性」と出ても手指消毒やマスクなどの感染症対策は引き続き行うようにしましょう。

また、『陽性』と判定が出た場合は、すぐに対応している医療機関を受診してください。
連絡先がわからなければ、かかりつけの病院などに電話をすると対応可能な診療機関や受診方法を教えてくれますよ。

厚生省サイト 新型コロナウイルス感染症の体外診断用医薬品(検査キット)の承認情報 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_11331.html

『承認済み』キットが手に入らない場合は高品質な『研究用』の抗原検査キットを

お住まいの地域や状況によっては、薬局で買える『承認済み』の抗原検査キットが手に入らない場合もあることでしょう。
また、薬局の営業時間外などで購入できないケースもあります。

そんな時には、信頼できる『研究用』の抗原検査キットを使用することをおすすめします。

『承認済み』の抗原検査キットは国(厚生労働省)の治験を経て承認されたものですが、『研究用』の抗原検査キットの中にはこの治験・承認を受けていないだけで高品質なものもあります。

例えば、『NEW GENE 抗原検査キット』はEUの法律で定められた安全性能基準を満たしたCEマーク認証の抗原検査キット、『Wondfo 抗原検査キット』はWHO推薦リスト登録商品と同品質のWondfo社が『研究用』として作った抗原検査キットです。

  
臨床試験結果でも感度(97.3%)・特異度(99.0%)・正診率(98.1%)と全てに高い結果を出している高品質な「研究用」抗原検査キットです。

  
より簡単で精度の高い抗原検査キットをお探しなら、海外では医療品登録されている製品と同品質な【研究用】抗原検査キットの取扱いをしているダイコーマーケットにてお求めください。

※【研究用】抗原検査キットは調査研究用であり、医療品医療機器法に基づく体外診断薬用医薬品として承認・認証等を受けておりません。本製品を臨床診断の目的としては使用できませんので新型コロナウイルス感染症の臨床診断を求める場合、医療機関に相談してください。

wellness_column一覧

関連記事