抗原検査キット『陰性』なのにPCR検査『陽性』?『偽陰性』が生まれる原因と対策方法

新たな変異種も発見され、収束の気配が一向にみられず国内の混乱も続いています。

そんな中、多くの人が早期発見・体調管理などで活用しているのが新型コロナウイルスの感染の有無を簡単に調べられる抗原検査キットですが、残念ながらトラブルも発生しています。最も多いトラブルが、抗原検査キットで『陰性』と出たのにPCR検査で『陽性』となる『偽陰性』のトラブルです。

そこでここでは、抗原検査キットで『陰性』と出たのにPCR検査で『陽性』となる原因と『偽陰性』を生まないための対処法を解説します。

 



新型コロナウイルス抗原検査キットとPCR検査の違い

抗原検査キットの『偽陰性』の問題の解説の前に、抗原検査キットとPCR検査の違いについておさらいしておきましょう。
どちらの検査も、現在、新型コロナウイルスに感染しているかどうかを調べる検査です。
ただし、

  • 抗原検査キット(抗原定性検査) ・・・検体内にウイルス特有のタンパク質があるかどうかを調べる検査
  • PCR検査・・・ウイルスの遺伝子を増幅させて調べる検査

という点で違いがあり、この違いは、精度に直結します。

なぜなら、抗原検査キットの場合、一定以上のウイルス特有のタンパク質がないと検出することができないからです。
抗原検査には、より精度が高いといわれる『抗原定量検査』(抗原の量を数値として測定する検査)があり、こちらであれば検体内にウイルスが少ない量であっても検出が可能です。
しかし、抗原検査キットはある程度のウイルス量が必要となる『抗原定性検査』を行うキットのため、検体の中に一定以上の量がない場合はどうしても検査で検出することができないという限界が生まれてしまうのです。

抗原検査キットは使用者によって結果が左右されやすい

また、使いやすさ・簡単さ・スピーディさをより重視している抗原検査キットは、使いやすい・簡単であることが逆にネックとなって、その検査を行う人やタイミングによって結果が左右されやすいというリスクがあります。

検体採取や検査自体はそれほど難しいものではありませんが、

  • お子様や高齢者など検査時にうまく検体を採取できなかった
  • 検体を検体抽出液にしっかり抽出できなかった
  • 試料滴下部に十分な量を滴下できなかった
  • 測定時間が間違っていた

などのケースで『偽陰性』となってしまうケースが後を絶ちません。

他にも、判定結果を示すC(コントロールライン:確認部)とT(テストライン:判定部)の見方を間違えるというケースも。
正しく判定されていればテストプレートには必ずCの部分にラインが入ります。その上で陽性であれば『T』の部分にラインがあらわれ、陰性であれば『T』の部分は白いままです。
しかし、検査が無効であることを示す『CもTもラインが出なかった場合』を『陰性』と誤認してしまう人もいます。

さらに、検査するタイミングが早すぎた、使用する検査キットが不良品・粗悪品だった、キットの使用期限が過ぎていたというケースもあります。

このように、新型コロナウイルス抗原検査キットは、便利さ・手軽さ・スピーディというメリットがある反面、結果は検査を行う人次第というリスクがある検査方法なのです。

抗原検査キットは正しく使えば心強い感染対策手段に

しかし、『偽陰性』のリスクはあるものの、より精度は高いけれど時間と手間のかかるPCR検査の前のスクリーニング検査としての有効性も高い抗原検査キットはこれ以上の感染拡大を防ぐために不可欠な検査です。

特に、オミクロン株は、風邪に似た症状や花粉症に似た症状が多い上に、症状が全くでない無症状感染者も少なくありません。

そのため、抗原検査キットでの偽陰性でのスルーを防ぎ、正しく判定するために

  • 抗原検査キットは信頼できるメーカー・販売店の製品を使う
  • 使用説明書をしっかり読んで正しく使う
  • 感染を疑う症状がある場合や感染を疑う状況にあった場合は、一度だけでなく時間をおいて再度行う
  • 無症状でも、一度だけで終わりにするのではなく、定期的に健康チェックとして抗原検査キットを活用する

ことが有効です。

上記を実施し、抗原検査キットで正しく判定できれば、速やかに次のステップ(自宅療養・入院など)に進むことができて自分の身を守れるだけでなく、周囲の人への感染拡大を効率的に防ぐことができます。

抗原検査キットの『偽陰性』は、感染を広める大きな要因の1つ。
そのため『偽陰性』を防ぐことは、コロナ禍を早く終わらせるためにも重要なポイントであることは間違いありません。
ぜひ今後も正しく抗原検査キットで検査を行い、自身の感染の早期発見・健康管理、これ以上の感染拡大防止につとめましょう。

 

 

関連記事

お見積書を発行

×

宛名

御中