新型コロナウイルス3つの基本的な対策

全国で発出されていた『まん延防止等重点措置』も全て解除されあちこちで人出が増え、賑わいが。そんな時だからこそ気を緩ませず、新型コロナウイルスの基本的な対策を徹底することが重要です。

そこでここでは、もう一度再確認しておきたい新型コロナウイルスの基本的な対策3つについて解説していきます。



基本的な対策①正しいマスクの着用

新型コロナウイルスは、咳やくしゃみ、会話の際に飛ぶ唾液により感染することが分かっています。
そのため、外出の際だけでなく、室内でもマスクを『正しく』装着しましょう。

マスクを付けてもいい加減に装着していては意味がありません。
周囲に広げないため、自分が感染しないために、

  • 使うマスクはウレタンや布製のものではなく、不織布のものを。
  • 装着する際は、鼻・顎などをしっかり顔の形に添ってぴったり隙間のないようにすること。

この2つが重要です。

また、食事をする時も食べる時だけマスクを外し、会話をする時はマスクをすることも重要です。
現在主流のオミクロン株は、感染していても無症状で気づかない人や、時期的に花粉症と間違えてスルーしてしまっている人もいます。
「自分が感染しているかもしれない」「人にしらない間にうつしてしまうかもしれない」とおのおのが常に危機感を持って過ごすことが感染拡大を防ぐ重要なキーです。

基本的な対策②手洗い・手指消毒の徹底

基本的な対策2つ目として、手洗いの徹底・手指消毒も欠かせません。
いくらマスクをしていても、完璧ではありません。
ドアノブ、手すり、トイレなどにウイルスが付いている可能性があるため、こまめに石けんやアルコール・次亜塩素酸水等を使って手指を消毒しましょう。

正しい手洗いの方法は、

  1. 流水で手をしっかり濡らした後に、石けん等を付けて手の平をよくこする
  2. 手の甲に伸ばすようにこする
  3. 指先・爪の間・指の間も泡でしっかり洗う
  4. 指を1本1本掴んでねじるように洗う
  5. 最後に手首も洗って丁寧に洗い流して清潔なタオル等で拭き取って乾かす

です。

アルコールや次亜塩素酸水で消毒する正しい方法は以下の通りです。

  1. 手の平にたっぷりアルコール・次亜塩素酸水をとる
  2. 手の平同士をこすり合わせる
  3. 指先・指の背・爪の間・指の間もこすって浸透させる
  4. 指を1本1本掴んでねじるようにこする
  5. 手首も丁寧に塗ってこする
  6. 乾くまで上記を繰り返して擦り込む

です。
アルコール・次亜塩素酸水を手に取っても手の平をこすり合わせるだけの人も多くいますが、最もウイルスがつきやすいのは多くのものに触れる指先です。
「水ですすいだだけで満足」「使っただけで満足」とせず、正しく丁寧に洗って感染予防を!

また、外出の際は、多くの人が触れるカートやお金、テーブル等にも気をつけることも欠かせません。
盲点なのが、携帯です。
汚れた手で触ったままにしておくのは危険。スマートフォンもこまめに除菌シート等を使って消毒しましょう。

基本的な対策③三密回避

3つ目の基本的な対策は、密接・密閉・密集を避ける『三密回避』です。

人とは一定の距離を取る(ソーシャルディスタンス)、換気の悪い場所は避ける、人出の多いところにはなるべく出歩かない、この3つを徹底することで感染リスク・クラスターを避けることができます。

最近では、自治体による基準・検査をクリアしたことをしめす認証店など、テーブル間や客同士の距離を取り、換気を行うなど適切な感染症対策をとっているお店がわかるようになっています。
飲食や買い物の際は、そういった基本的な対策をとっていることがわかるお店を選ぶようにしましょう。
また、お店だけでなく、自宅やオフィスでも意識的に三密を回避するようにしてください。

現在、感染者の減少傾向がみられますが、多くの感染者を出してきたオミクロン株(BA.1株)からステルスオミクロン株(BA.2株)への置き換わりが懸念されています。
世界でもこの傾向は顕著で、すでに置き換わっている国も少なくありません。

日本では『まん延防止等重点措置』が解除され、季節的にも歓送迎会など人の出入り・集まる機会が冷えるタイミング。
感染が再び広がらないように、ぜひ新型コロナウイルスの基本的な対策3つを再度見直し、日常的に実践していくようにしましょう。

wellness_column一覧

関連記事

お見積書を発行

×

宛名

御中